目次
シリーズ特集モノは、こちらからどうぞ。

2006年04月14日

うまつり その4:午後の部 後編

長々と引っ張ったが、これで最終章。

次は、ビギナーズジャンプ(クロスバー)。
…友人も出てたんだけど、ちゃんと見れなかったので、ごめんパス。

L級(80cm以下)には、次の障害2級を兼ねたM級(110cm以下)と
同じコースなので、障害2級を受ける方々は大抵、出場されていたようだ。
そのせいか若干レベル高めのように、見受けられた。

一番手は、Jさん。勝手に馬場タイプと思っていたが、ここ最近は
障害レッスンにも積極的に出て、さらに腕を上げていた期待の星!

…と思ったら、ヘアピンカーブ後の第2障害で、タイミングが合わず付き遅れて
馬の背に跳ね上げられる形に。そのままバランスを崩し落馬。
残念ながら、いきなり失権となってしまった。
後で同じくデイジーに乗った人も、苦戦してたので今日は難しいんだろうなと
分かったが、落ちた瞬間はあまりにもあっけなかったので、おいおいっ!
とツッコミ入れてもた。
待機馬場にいて、目の前で落ちる所を目撃してしまったFさんも、思わず声を上げて
ツッコんだらしい。

何人か飛んで、Aさんの出番。
ビギナーズジャンプも順調にとんでたらしいが、80cmでも行けるか!?
一つ飛ぶ度にスピードが上がっていたが、騎手は落ち着いてる感じだった。
イケイケのままゴールイン。減点0で、タイムも速い!
規定タイムなので、残念ながら1位は逃したが、5位と好成績。
ちなみに、成績が張り出されて直ぐの時は、誤って速い順に並んでいたらしい。
えっ1位?! ち、違うよねぇ! と大興奮だったが
結局、間違いと発覚しガッカリ。ややこしいねん。

続いて、障害2級を受ける予定の友人らが飛んだ。
皆、バーも落とさず減点0、結構良い感じのように見られたが、聞いてみたら
馬に走られてしまったなど、厳しいお言葉。検定への意気込みが感じられた。
無事に帰ってきてくれと祈るばかりだが!

お待ちかねのM級(兼 障害2級)。
一番手いきなり、今回が初検定のFさん。
出場順番を聞いてた前日から、一番手なんて…、と嘆いていたが果たして。
スタートから抑え目で、慎重に行く。タイムは考えず、減点のないようにと。
乗馬リキ号は、歩を詰めて上に弾む良い感じの駈歩。
これが出せるのが、リキの競技馬たる所以の一つらしい。
途中、1ヶ所だけバーを落としてしまったが、1本だけだったのでセーフ(らしい)。
何とか無事にゴールして、見事に合格でした!

何人か飛んで、再びリキ登場。
騎手は午前中に(見れなかったけど)同じく二課目出場し、馬場2級合格したK奥さん。
馬がちょっと速くなってしまい反抗された所もあったが、こちらも無事帰ってきた。
めでたく馬場と障害の2級ダブル合格である。凄い!

今度はT氏が愛馬ミラクルで参戦。
実は最初は、また別の愛馬に騎乗予定だったらしいが、直前に脚を痛めてしまい断念。
馬替えした経緯がある。…えっと何だか、こんな書き方すると、えらい恋多き男の
ように取られるかも知れないが(事実、他にも愛馬はいるようだが)
何に乗っても行ける実力の持ち主という事でしょう。
↑フォローになってる?事にしておく。
飛んだ後にハミを嫌がって(?)、馬が首をぐーっと伸ばして手綱を引っ張り
騎手が前に引かれてあやうく落ちそうに!なっていた時があったが、そこは流石に
堪えて、次の障害へと上手く誘導して行く。
ダブルの難しいポイントで1本バーを落とすが、無事にゴール! こちらも合格だ。

他にもベテランライダーが多数出場していたが、やはりコースの難易度が高く
半数近くもの出場者が失権であった。
そのお陰もあって、慎重に挑んだT氏がタイム戦でも3位! Fさんが4位! で入賞。
重ねて、おめでとう!

最後の障害1級では、チーム対抗でリーダーを務め活躍したUちゃんがミラクルで
その名の通り奇跡(いや実力か)を起こし、堂々の合格。去年の雪辱を果たした。
後で聞いたら、今回で最後だったらしいので、まさしく有終の美を飾った事になる。

これにて、お祭り騒ぎもお終い。
最後に審査員から、所感として次のような言葉を頂いた。
「基本的なミスもなく、全体的にレベルが上がってる。競技に向かう姿勢が出来てきている」
初めて乗馬祭を見たのが、去年の3級取る前の頃で、馬場馬術や障害技術も全く
分かってなかった時期だったので(今でも分かってないけど)、さっぱり実感が
沸かないが、クラブ全体としてはそういう事らしい。
思えば、今回で障害2級を取ってしまった友人らはもう、初級者卒業して中級者の
世界に足を踏み入れつつあると思うし、そういう人が増えてる気もする。
僕も来年くらいには障害2級を取れるくらいになっときたいな…と思った。

すっかり暗くなった帰りがけに、障害レッスンでよく世話になる先生に声を掛けられた。
先生:「次の乗馬祭には、新 もコレ(障害2級)飛んでみるか?!」
 新:「うーん、まぁ、そのうちね…。」
いざ言われると、弱気な男。その行く末は…未だ誰も知らない。
posted by 新(SIN) at 23:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乗馬
この記事へのコメント
〜その4〜までの長編、お疲れ!
読みごたえがあり、楽しませて貰ったよ。
審査員からのコメントまで 良く覚えてたなぁ。

今回のコースは 確かにレベルが高く 馬に助けられた!
助けて貰った分、返さなきゃ悪いが そこまでの技量は まだ無いので、ご褒美という形で、返しておいた…。

新君 1年後は障害2級かぁ。
頑張れ!
君なら出来る!!
Posted by ゆうき at 2006年04月17日 06:41
楽しんで頂き嬉しいです。
その馬に付いていけた技量は流石と思うよ!
応援ありがとうね
Posted by 新(SIN) at 2006年04月17日 07:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

保存しますか?


この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16581836
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。