目次
シリーズ特集モノは、こちらからどうぞ。

2005年04月02日

乗馬祭ジムカーナ競技 本番!

いよいよ本番です。
今回のコースは、前回同様にスタート後いきなり苦手な「柵の間の通過」がありました。
さらに、「巻き乗り → 横木通過」が2回もある。1ヶ所だけ厳しいヘアピンカーブがある。全体的に(これまた苦手な)右回りが多い。
…と、今回も難しそうです。
しかも今回はスピードクラスしか無いので、本番1回勝負!

ちなみに出走順番は、1番最後でした。…なんでトリやねん。
「今度はかなり良い順番でしょ?」…いや、前回の一番最初よりは良いけど、どうなんでしょ。

そろそろ順番が回ってきました…。
かなり緊張してしまい、他の人の走り方なんて、ほとんど見てなかった。
出番待ちの馬がだんだん減ってきて、最後に自分一人になった。
「落ち着いて、走ってね」とアドバイス頂く。確かに乗ってる馬は順番待ちしてる間、かなり入れ込んでいるみたいだった。
カンの良い馬だから、乗ってる自分の緊張が伝わってしまったのか? 落ち着け俺。

なんだかんだでスタートを切る。前回よりは、良い滑り出し。
スピード結構出てた。ホンマ落ち着けよ〜。
結果、2回もコースアウトしてしまった。1回コースアウトすると、タイムに+4秒される。これで痛恨の+8秒。
入賞は無理だろうけど、しゃーないと自分を収める。

馬を厩舎に戻してから、表彰式。
なんと、意外にも6位入賞!
成績表を見ると、タイム的にはノーミスだったトップに0.5秒勝ってた。
あーもったいなぃ、と今さら悔やんでみた。
さんざん引っ張った割にそんなもんでした。ちゃんちゃん。

 ジムカーナ大会 『その5』
posted by 新(SIN) at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗馬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

保存しますか?


この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。