目次
シリーズ特集モノは、こちらからどうぞ。

2007年02月13日

わがままと躾

駄々こねる子にしかる時。(注:馬の話です)

前々から気付いていたが、治せていない弱点が今週の騎乗では
露呈しまくった。

初級馬場レッスンでは、杏樹に初騎乗。
友達が、その前の時間に「いちビタ止まりで済んだけど…」との感想。
どうやら駄々こねると突然ピタリと止まる子らしい。
部班練習なので最後尾になるかと思いきや、後ろから2番目。シンガリは競技馬が。
止まられても困るし、ぶっ飛ばれるともう大変。自分は落ちない自信があっても
後ろに迷惑かけちゃうかも。責任重大である。
結局、3〜4回も止まられてしまった。

ステバイ障害では、ミーテに騎乗。
前回は最後の10分でようやく慣れた位に難しい(面倒くさい)子である。
各自で自由にフラットワーク。思うように駈歩でませーん。諦めて早歩のみで済ませる。
障害の歩数合わせどころか、ちゃんと出せてない!と叱られる始末。
個人的には、誘導が割とマトモに出来たし、他の馬に迷惑かけずに済んだので、良しとしたいが…。

馬の調子を感じ取って合わせる事、さらにその動きを助けてあげられる事。
長い事かかってる今後の大きな課題のひとつ。…対人にも言える事かも知れないけどね。
posted by 新(SIN) at 08:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乗馬
この記事へのコメント
新さん、今晩は。
突然止まる子は困っちゃいますよね…。
後ろにも申し訳ないですし…(私も別の馬でありました。)
ミーテは練習中はともかく…(笑)、人懐っこくて可愛い馬ですよね。
それとBDのお祝いありがとうございました。先週、年をとってしまいました〜。
Posted by さくら at 2007年02月15日 21:40
こんばんわ。
お返しコメントどうもです♪
ミーテは可愛いけど、馬場ではもう少し甘えん坊しないで欲しいですねぇ…。
Posted by 新(SIN) at 2007年02月16日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

保存しますか?


この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。