目次
シリーズ特集モノは、こちらからどうぞ。

2007年03月11日

DC3

某任天堂ゲーム機では無く。Dressage Circuit (=馬場サーキット3月)の話。
昨日はクラブ内で馬場馬術の競技会?と云うより運動会?に出場しました。
前回の乗馬祭で我ながら満足のいく出来だったので(←エラソー)
今回は調子に乗って、専用馬を取らずに挑戦。もちろん再来週の本番も同じ予定である。
いつも通りお昼頃にクラブに着いたら出走順が張り出されていて…

2課目、出番は最後から2番目。俺のだけ、馬の名前が空欄になっている。
…専用馬取ってないの、俺だけ
今更ながらやってる事の重大さを知らされる。一寸格好つけ過ぎたかな。
指導員に聞いてみたら「うーん、じゃあ、カイザー。3級経路で出るから」
ハイ今、決定。適当やなぁ、まぁ良いけど。
カイザーは良い評判は聞くが、一度も乗った事無いので正直微妙。

いざ出番。噂どおり反動高め。あと、首をぐーっと前に出す傾向があると感じた。
・反動に付いていけず、良い座りが出来ず、持って行かれちゃってる状態だった。乗り方格好悪い。
・馬が経路を完璧に覚えているらしく、脚の指示が強くなりすぎてた。
・しかも内側に切れ込まれてた。
・前進気勢があるのだから、もっと手綱を短く持って馬の頭を自分の所に持ってこれたハズ(友人&指導員 談)
・その上で、もっと出しましょう(指導員)

感覚が掴めなかった。もっと出すべきなんだ?! って感じ。
後から考えたら、確かに手綱はもっと張ってても良かったかも。
その前にキチンと座れてないと。あぁ基本がなってないって怒られちゃうな。
せっかくの良いコを当ててもらったのに、活かしきらなくて残念。
近いうちに再挑戦できたら、もっと上手く乗れる…と思うけど、きっと馬配してもらえねぇよなぁ。
posted by 新(SIN) at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗馬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

保存しますか?


この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。