目次
シリーズ特集モノは、こちらからどうぞ。

2007年06月22日

JC6

先月の興奮も醒めやらぬまま。今月も飛んできました、障害サーキット6月。
もう今は昔、6/9(土)の話だけどね…。

今回は障害飛越の乗馬祭が近い事もあり、2ヶ月連続だが盛況な顔ぶれが揃っていた。
クロスバー・60cmに参加される人数を足して、ようやく90cm出場者と並ぶほどの
人数の偏り方をみても、普通じゃない。
そう言う僕は…、例に漏れず90cmのみエントリーしていた。
並みいる強豪の中で、どんな走りを出せるか、緊張してしまうトコロ。

実は先月のサーキットで乗ったカルーア様は、既に専用場終了。
今月からは騎乗馬がカルーア様でなく、アクティブ君なのである。
サーキットか翌日のカドリール発表会が終わってから、直ぐにカルーアで申し込みを済ませておけば良いものを
すっかりサッパリ忘れており、2週間空けて来てみれば完全に埋まってしまってた。
流石は競技馬。仕方が無いので、第2候補として勧めてもらってたアクティブ君に決めてしまった。
彼は障害に対して素直な子で、良く飛んでくれる。高さにも申し分無い。
ただ僕にとっては誘導が少々苦手で、内に切れ込まれる事が何度かあった。コース障害だとどうかな…。

いざ出番。待機馬場では大人しかったのに、コースを目の前にすると急にヤル気モードに。
(1)は遠目から慎重に進入。(2)、(3)も難なく飛んでくれた。
大きく回ってから(4)を飛ぼうと蹄跡に戻ると、速くなり始めるので抑えて。
直ぐに障害の間の狭い所を通るので、ここでも確実に抑えて(5)に向かう。
(6)を飛ぶ時に何故かフライングチェンジ。意外に上手くいったけど、後で考えたら(5)飛んだ時点で変えておくべきだった。
さて物見障害となっている(7)へ!
正直、馬よりも乗り手が物見してた。慎重に行くつもりが明らかに抑え過ぎた。一応飛んでくれたがタイミングが合わず、一瞬バランスを崩してしまう。
何とか持ち堪えるが小回りする余裕は無く、大きく回ってきて(8)を飛んで、ゴール。

減点0でタイムも悪くはなかった。
やはり少し難しいコースだった為か反抗・落下が連発し、結果的に5位。入賞は逃したものの意外と良かった。
アクティブで初コース障害にしては、手応えあった気がする。乗馬祭では高さを気にせず、この反省点を活かせば、何とか合格できそうな気がする。
ただ、1〜3位がカルーア独占で、他クラブから出場された方がアクティブで4位ってのが、何だか悔やまれるなぁ。

P.S.
何故か新しく増設した方のHDDがデータ読み書き出来なくなってしまった。
特に何かした訳では無いつもりだが、BIOSですら上手く認識できず。
TV録画用に買ったのに、残った容量を整理しないとライアーゲーム最終回3時間(!)SPなんて撮れないじゃないか。気になって乗馬祭どころじゃねぇ(笑)
posted by 新(SIN) at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗馬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

保存しますか?


この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。