目次
シリーズ特集モノは、こちらからどうぞ。

2007年06月25日

JHS '07/春

半年前の雪辱前回、前々回の反省をふまえて、今日がいよいよ本番。障害2級にチャレンジ。
検定2級を含む、M級クラス(110cm以下)は朝イチ8時半からで出番も早かったので正直、早起きが辛かった。
出走順番は3番目、同じ馬では先頭である。
検定に受かる事を考えれば、先生が先通しした直後に乗れるから良いじゃんと友達に言われたものの
自分の次に同じ馬で出場する人も検定がかかっているので、自分で失敗してしまったら…と思うと責任重大。

今月頭のサーキットで手応えを掴んだ気になっていても、110cmのコース障害は人生初なのだ。緊張しない訳がない。
飲み会の酒に頼っても、なかなか寝付けず。起きてもスッキリせず、普段は朝食を取らないと
頭が働かないタイプなのに食欲はゼロ。
こんな状態で、どーするオレ?

まぁ今更ジタバタしても仕方無いので、とにかく行ってみる。
朝早くから既に先生方が準備・先通しをされていた。
コースはサーキットと同じだが一応確認。下見してみると走りやすいように間隔・角度を少し緩くしてあるのが分かった。
下見が終わったら即、乗って。気付いたら直ぐ出番だ。
前回同様、(1)〜(3)は丁寧に飛ばさす。途中、内側に切れ込まれそうになるが、何とか抑えて。
(4)の入りは要注意だったので予め速度を落としてから進入。ダブルの奥が110cmだったのを忘れてたけど
アクティブ君は飛んでくれた。アンタはエライ!
(5)以降は、速度も速くならず遅くならず良い感じのまま走行できたと思う。
やはり内側に入ると云うか、ヨレる感じがしたが、障害を逃げられる程ではない。割と細かく軌道修正できた。
問題の(7)もタイミング合わせられて、障害の内側を通って(8)を飛ばせる事も出来た。で、ゴール。

減点0! しかも詰まる事無くスムーズに走行できたので、個人的には満足。
下見やイメトレで描いたコース、障害間の歩数、駆歩の手前ですら確認する余裕は無かったけど
総じて悪くなかったと思う。多分、きっと。
結果も6位入賞。今回も大荒れだったので唯一、減点無しのカルーアとアクティブが表彰台を独占する形に。
まぁタイムは今回は関係無いし、馬が落ち着いて飛んでくれた結果だから充分だ。
他にも同じく2級検定受けていた友達も2人合格。1級検定に挑戦した友達も見事に合格。めでたしめでたし。
自分の課題はまだまだ山ほどあるけど、今日は勝利の美酒に酔いしれて寝るぞ。
んで来週再来週も、馬から離れて遊び放題の予定(笑)
posted by 新(SIN) at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乗馬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

保存しますか?


この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。